杢目金とは

杢目金は日本ならではのものだそうです。ずっと引き継いでいって欲しいですね。

杢目金について知りたい

杢目金とは

杢目金(もくめがね)ってご存知でしょうか。

木目金とも表記されることがあるようですが、これは江戸時代に考案された技術らしいです。

金や銀、銅などの金属をうまく重ね合わせて木目状の模様を作りだすものです。

独特の模様で、日本ならではの技術と言えるでしょう。

そのため、杢目金のデザインのアクセサリーは人気が高く、婚約指輪や結婚指輪にこのデザインのものをオーダーする人が多いようです。
オーダーメイドの杢目金屋はこちら!

また、杢目金の技術を学ぼうとする人も多くいるようですよ。

杢目金のデザインをほどこされた指輪を見せてもらったことがありますが、独特のデザインで、同じものは無いのだそうです。

日本人は器用だと聞いたことがありますが、このようなデザインができるのも日本人だからかな、なんて思いました。

私は不器用なものですから、デザインするなんてことは考えもしませんが、素敵なデザインだなというのはわかります。

私はまだ結婚していませんが、結婚指輪は杢目金のデザインが良いなと思っています。

すでに結婚している友人の中に、杢目金の結婚指輪を作った人がいるのですが、飽きがこないし、とても良いと話していました。

日本ならではのものですから、ずっと身につけていたいですね。

▼お役立ちWEBサイト
宮崎神宮の結婚式 神宮会館